屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

一週間限定の弟子

4 4月, 2020 (09:52) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

外食産業、観光業がコロナのせいで大打撃を受けて、老舗も有名店も例外ではありません

友人の料理屋 素 の姉崎さんのところでさえ例外なく影響を受けたようです

彼のところに見習いで入っている若い子が一人いたようで、今仕事が切れてるので

勉強のために少し預かって、なんでもいいから使ってほしいとの連絡がありまして

気の毒なのと、うちも今それほど忙しくないのと、なんといってもバイト代は払える状況でないと

頭をよぎりましたが、給料は自分が払っているので、そっちでも渡すと二重になるので決してしない

で欲しいと言われ、しかも工房の片隅に寝袋で寝るし、食べることも自分でやるのでという条件でした

ので、引き受けさせていただくことにしました。

IMG_3344

18歳の坊主の似合う若者でした。

今は何か作っている時期でもないし、何をしようかと考えましたが

初日は気になっていた土造りをしました。

その後はそれも気になってはいたものの必要に迫られないとしていなかった片付けや整理を

片っ端からやりました。

でも本当に助かりました。

お陰でこれからお客さんを迎えるシーズンに先駆けて工房が大変綺麗になりました。

さすが中卒で彼に鍛えられているだけあって、仕事の先をちゃんと読める子で

先先に段取りしたり、流れを読んで仕事のできる子でした。

あの年齢の子なら私が何かしてても言われないとただ黙って突っ立って見てるくらいな

ものですけど、よくできた子でした。

素直でだれにでも可愛がられる特質を持っていました。

一緒に一日中仕事し、幾日かは一緒による温泉に行き、人生の先輩としてのアドバイス

も素直に聞いておられました。

若者には退屈な話しかなと思いきや「そういう話が好きだ」とのことで楽しく交わらせて

頂きました。

あぁいう若者には頑張ってもらいたいものです。

良い機会を与えてくれて姉崎さんありがとうございました。

残ってた

4 4月, 2020 (09:20) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

世の中コロナの影響で不穏な空気ですが、それとは裏腹に外の陽気はすっかり春

で、やっぱりウキウキしてきますね

早くバーベキューやピザやりたいですねー

そのピザ窯ですが、恐らく屋根の雪にアタックされ、崩壊を当然こととして予想していましたが

な、な、なんと今年はかつてなく雪が少なかったのでご存命しておりました(笑)

IMG_3339

降った雪はそれなりに積もっていましたが、融けてしまえはこの通り健在でした

まー積み直せばいいだけなので崩れていてもどぉってことはないんですけどね

野外ならそれほど心配しなくていいので、希望する方はどうぞお越しくださーい

焼くもの持参で(笑)

お待ちしてまーす

減量経過

4 4月, 2020 (09:02) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

ようやく一か月が過ぎました

日によって多少の上下はありますが、3キロ減量しましたー

パチパチパチパチ

滑り出しはこんなもんで上々だと思います。

二か月目に入り、第二ステージに入ります。

今回はコロナのせいでトレーニングが十分できない状況ですが、

なんとかかんとか多少はやりつつ進めています

減量で一番怖いのは筋肉を失うパターンですが、体の変化を見ていると

少しずつ腕などの血管がはっきり浮き立ってきてるし、お腹周りの

変化を観察しますと脂肪が削れてきていることが見て取れるのでその意味で

滑り出しは上々です

あと三か月で4.2キロなので平均すると一月に1.4キロ

そう考えるときが楽ですよね。

前にも取り上げましたように、今月は一年の中でも最も代謝が高い月なので

できれば2.5キロくらいいけるとあとが楽になる

一か月すぎるとときどき無性にご飯や甘いものが欲しくなるんですが

ここは我慢のし時と結果を思い見て我慢我慢

どう揺さぶっても動かなくなったら糖質を一時期入れようと思ってますが

その判断が悩ましいところなんです

やってはいけないことは糖質を食べたくて我慢しきれなくて妥協して食べる

これでは計画的な減量は厳しいですね

なので冷静に冷静に分析する

また報告します

長引く新型コロナウィルスの影響

16 3月, 2020 (18:15) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

今回のウィルスはこれまでのウィルス以上の影響や波紋を呼んでおり、私たちのライフスタイルはもと

より経済にも大きく暗い影を落とすこととなりました。

感染者数や死亡数から比較すると、従来型のインフルエンザよりも軽いように素人的には思いましたが

恐らくこのウィルス色々な説や情報が飛び交っているところを見ると、専門家視点では何かこれまで

とは違う危険性があるのでしょう。

いずれにしても私たちの生活や経済活動に非常に大きな影響を与えていることは間違いないようです。

特に直接打撃を受けているのは飲食店や観光業、その他それにまつわる業種は大打撃というか

ほぼ停止状態のようです。

当然、問屋や流通業者などなどすべてかかわってきます。

つくづく思いましたが、経済機構というのは自然界と似ているように思いました。

自然界も一つの種が絶滅したりすると生態系が崩れてしまうと言われますが、まさに

そんな感じではないでしょうか。

恐らく、また通常通りの動きを取り戻すのはこの病気の終息が終息してもかなりの時間を要するんだと

思います。

私のような業種は、そもそも毎日動きがあるような商売ではありませんので、

今のところ、商売そのものでは大きな影響を受けてませんが、陶芸祭りなどの今年のイベント関係は

ここ二年の落ち込み同様期待はできないと予想しています。

そして、わたしが講師で招かれている講座は市や町の施設での講座ですので、

砂川は3月一か月のお休み、新十津川は先月末からとりあえず今月19日までと

なっており、もしかすると延長される可能性も十分考えられます。

ということは何を意味するか?

収入が入らないということです。

私の場合、現在は売り上げというよりこの講座の講師料が生活費となりますので、

やはり御多分に漏れず、大きな影響を受けることとなりました。(泣)

一日も早く終息し、通常生活を取り戻せることを祈るばかりです。

重い腰を上げる

1 3月, 2020 (23:11) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

少し前にそろそろ始めないと!って取り上げましたが

そうです減量です。

そろそろ、そろそろとなかなか踏ん切りがつきませんでしたが

そろそろ本当に本腰を入れないと薄着になる季節に間に合わなくなってしまうー

特に私が持っている夏物のスーツは冬物よりタイトに作られているので、多分

今の体では着れないと思います。アハハ

11月に64キロだった体重がバルクアップによって今朝の体重は71.2キロ

予定ではせいぜい6キロ増くらいにしておこうと思っていたんですけど(汗)

でも誰も太りしたねーとも言わないんだよねー

もちろん元に戻す自信はありますけど、ふり幅が大きいとそれだけ苦労することに

なるので、もうちょっと押さえておきたかったんですけど、食欲に勝てず

というか、また糖質カットになると思うとこの時とばかり食べてしまって(苦笑)

それと筋肉の増量という大義名分のもとに遠慮なく食べさせていただきました。(笑)

でもこのまま食べ続けるとインシュリン感受性も鈍くなるのでやはり体にはよく

ないというか体に負担を強いることになります。

祖母や叔父が糖尿病だったので好き放題食べるのは病気を招いてしまうので

その意味でも年中糖質を摂るのは避けた方がいいのです。

結局、今回は7.2キロ増となりましたが、まずこの一か月で4キロくらい

落ちるかなー

まー3キロ落ちれば上出来ですけどね。

初めてすぐは反応が早いものです。

予定では4か月くらいでゆっくりと戻していくことになると思います。

でも前のシーズンより多少なりとも筋肉が付いてますのでその意味では

年々その体重に戻す為にはその分体脂肪をさらに削ることが必要になります。

しかも急がないのは極力筋肉を落とさず脂肪だけを削るためです。

野菜を中心とする食事をしてカロリーを落とすと確かに体重そのものは急激に減りますが

筋肉も持ってかれるのです。

それでは元も子もありません。

増やす時より減量は正しい知識に基づいて健康的にしなければ意味がありません。

さーて、いい油沢山摂るぞー

ではまた経過報告しますねー