屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

お奨め

10 12月, 2010 (13:58) | 未分類 | By: hiroyuki

きらくや

きらくやのカツ丼今日ご紹介するのは滝川の食事処 きらくやをご紹介します。

場所は西町7丁目2-18 電話0125-24-7533西高正門前のブロックの反対側に位置しています。大きな通りに面しているわけではなく、住宅街にありますので言わば知る人ぞ知る的なお店です。

これまで何度か醤油ラーメンを食べましたが、言うならば「正統派のすっきり醤油」という感じです。

言い換えるとこれといった大きな特徴はないのですが、昔ながらの安心して食べられるホッとする醤油です。

最近ただ特徴を出すためにわけのわからないものをスープに入れたり、いろいろな種類の目を引くトッピングでごまかされることが多い中でこれはラーメンたるものの原点に立ち返らされる非常に好感の持てる一品です。

それで時々自分の中で味をリセットするために来店します。醤油ラーメン600百円。

何より気に入っているのはこの店を営んでいるお母さんと息子さんの人柄です。正直そうで人のよさそうな親子のお店なのです。

食事処といっても小洒落た店内を想像しないでください。むしろ親戚のおばさんのところに飯食いに行くという感覚で、極めて家族的です。聞くとうちはラーメンよりカツ丼やカツカレーなんかが人気だというので今日はカツ丼を食べてみました。

750円というのは低価格のこの時代にはちょっと冒険な気もしましたが、蓋を開けるとすごいボリュームにびっくり。恐らく普通の女性なら全然食べきれないと思います。カツも白身などなく、柔らかくてとっても美味しく、これまた懐かしい味でした。しばらくぶりに満足の行くカツ丼に出会えた気がしました。

皆さん機会があればどうぞ立ち寄ってみてください。

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください