屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ダイエット事情

20 10月, 2015 (23:47) | 未分類 | By: hiroyuki

しばらくブログもご無沙汰してたこともあり、ダイエットと筋トレ情報も気になっておられるこ

と思います。

気にならない?

いや絶対気になっているはずだ!

そうにちがいない!

ということで強制的に読んでいただきます。(笑)

実は今年の六月くらいまでは心身ともにどんどん丸みを帯びまして

ついには人生最大に!

そしてついにはワイシャツの首のボタンが留められなくらりまして、はい

そしてついに歯止めをかけるべく決心いたしました。

78.45キロにまで達し、80の大台目前というところまで来まして、はい

さすがに危機を感じたわけでして、はい

いろいろ調べた結果低炭水化物に至りました。

いわば自分で今流行りのライザッブをしたわけです。

私の場合、筋トレで追い込むことはこれまでもしてきたことなので、

あとは食事をどうするかが課題でした。

実はライザッブ方式は何も目新しいものではなく、減量を必要とするアスリートがよく用いてきた

定番なのです。

代表的なのがボディビルダーの競技者です。

彼らはオンとオフの期間があり、オフの時期はひたすら食べて筋肉のバルクアップを図ります。

そして、コンテスト前になると主に炭水化物を少しずつ減らしていき、ついには体脂肪率一桁にまで

追い込み、皮一枚になるわけです。

もちろん私たちはそのような競技が目的ではありませんから、そこまで追い込む必要はありませんが、

ライザッブ方式はいわばこの応用、アスリートではない素人にさせているわけです。

それで結果はどうなのか早く言えって?

7月から初めて11キロちょっとの減量に成功しました。パチパチパチ

もちろん体脂肪もかなり落ちまして、今はお腹が割れてます。(かっこいい~)

これまでの人生で何十回となく、ダイエットをしてはリバウンドその失敗を繰り返してきましたが、

今回は私の人生で最高の成功だと思います。

それは体そのものを見るとよくわかります。無理なダイエットで単に体重を落とすだけでは得てして筋

肉を落としてしまいます。多くの人が陥るパターンです。

私もこの種の失敗を繰り返していました。またジョギングなど有酸素運動を過度にして落としたことも

ありましたが、これも使っていない部分の筋肉を消費してしまいます。

マラソンランナーの上半身を見ればわかりますよね。

実際、嘘のようなホントの話、ボディビルダーの減量ではほとんど有酸素運動は行いません。

やってもごくわずかです。

なのに体の油をあそこまでそぎ落とし、極力筋肉を残せるのです。

カギは何でしょうか?

低カロリー?

違います。

もちろん需要と供給の収支がマイナスに傾けば体重は落ちます。しかし、人間の体は飢餓状態になった

とき、真っ先にエネルギーに変換するのは憎い脂肪ではなく筋肉なのです。

しかし、筋肉は本来エネルギーを消費する場所ですから、これを失うということは結果的に燃費のいい

体質を作ってしまうわけなのです。言い換えると太りやすいからだに

目指すべきは燃費の悪い体をつくること。

ダイエットの点からも健康面からもプロポーションの点からも筋肉を落としてはいけません。

プロポーションの点ではライザッブのコマーシャルはとても説得力がありますよね。

なので成功するダイエットをしようと思うなら、ちゃんと食べなければなりません。

ただ食べる種類のバランスを変えなければなりません。

炭水化物はエネルギー源になります。しかし、その余剰分のエネルギーはいざという時の蓄えとして

脂肪として溜め込むというシステムになっています。

これを制限する理由が理解できたでしょうか。

では何を食べればいいのか?

筋肉にはちゃんと栄養を与えなければなりません。その素材となるものはたんぱく質です。

つまり高たんぱく、低炭水化物というバランスにするわけです。

改めて考えると飽食の私たちの周りには炭水化物が溢れています。

ご飯類、麺類、パンや菓子類、清涼飲料水、はたまたスィーツなどなど…

確かにこれらはおいしく、また血糖値をあげますので満足感、そして人に幸福感まで得させることもわ

かっています。

私もこれまでラーメンライスなど下手すると炭水化物だけの食事になってしまうことも珍しくありせん

でした。

しかし、人類史上かつてこれほど炭水化物に埋もれた食事はなかったでしょう。

それに比例して肥満が…

肉食の動物もそれ自体では太りませんが、人間が食べるものなどを与えると途端に太ります。

ペットもそうではありませんか?

話を戻しますが、なのでもやしを食べて痩せるとか食事の回数を減らすとかはダメです。

私たちの体を作っている構成素材であるたんぱく質を毎回の食事でちゃんととり、目標体重までは

極力控えるのがベストです。

イメージ的に肉は太ると思っている方が多いのですが、実は全く違います。

なので肉や魚をメインに間食にはスルメやチーズ、卵という具合です。もちろん野菜も食べてくださ

い。植物性のたんぱく質でも結構です。豆腐や納豆など

最近はコンビニでサラダチキンなるものがあり、とても助かります。なのでこれまで弁当やパン菓子を

買っていたのが今度はサラダチキンとサラダを購入という具合です。

焼肉OK! ただご飯抜きで肉だけお腹いっぱい食べるんです。

炭水化物以外はどんどん食べてください。

イメージできました?

これを聞いて「えーっ無理無理」思う気持ちが強いほどあなたは炭水化物中毒です。

もちろん楽ではありませんが、私自身実際やってみて気づいたことや気分的に少しでも楽になるアドバ

イスをアップしていきますので、楽しみにしていてください。

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください