屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

個展の効能

28 3月, 2010 (18:24) | 未分類 | By: hiroyuki

椅子陶 波台皿

普段なら売れるかどうかということを第一に考えて作るのですが、個展の場合は普段なら決して思いつかないような、そうです売れるかどうかということより、普段できない遊び心で作陶できるので自分の枠を広げたり、自分自身の新たな発見ができる機会となります。

確かに産みの苦しみはあるのですが、こうした点では利点もあるのです。

ぜひ会場にお越しになって新たな清水裕幸を発見されてください。

コメント

神戸のブログファン様からのコメント
投稿時間: 2010-03-29 at 7:45 PM

こんにちは。
今日は大変ふぶき寒い一日でした。
アップされていらっしゃる御作品を拝見していると本当に実際もっと多くの清水様のお心のこもった御作品をみせていただきたくなります。
ひとつめの、いすよろしいのでしょうか。このような大きなものもできるのですね。ふたつめはどういうものになりますのでしょうかしら。
個展はきっと味わい深いものでございましょう。
よきものとなりますように。
お身体お気をつけてくださいね。

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください