屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

北海道の春の風物詩

12 5月, 2009 (21:36) | 未分類 | By: hiroyuki

代掻き

十日ほど前から減量のために五キロほどある工房へ自転車で通勤しています。写真の風景は米どころ新十津川の田んぼに水が入り、代掻き作業をしているところです。

車で通るときにも目にはしていましたが、短い距離ですのでその日の仕事について考えているうちに着いてしまいます。でも自転車でとなると強風の向かい風にあおられながら必至でこいで行きますのでいやおうなく周りを見渡すことになります。

ですからこれまで気付いているようでいなかった多くのものを肌で感じております。ここのお宅にはこんな花があるんだ、こんな犬を飼ってたんだといった具合です。あるいは農家は仕事も近くで目の当たりにします。

言わば五感で季節と共に身のまわりの風物を感じられるようになったのは脂肪の除去と共に予想していなかった大きな収穫です。

私の作陶にとってこの自然をデザインした神は何よりの師ですからその意味においてもプラスになることを願っております。

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください