屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

新十津川の土できましたぁ

29 12月, 2016 (22:28) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_5678

こないだ濾して素焼き鉢に入れておいた土が少しずつ水分が抜けてようやくこのように作れる状態にま

でなりました。

こうして見てもほんとに白くてきれいな土ですよね。

IMG_5679

そしてこのように10センチのスティックを作りまして、収縮率を確認します。

乾燥でどのくらい縮むのか、さらに焼くとどのくらい縮むのかといった具合です。

前にも伝えましたように、このままでは収縮率が高すぎて乾燥で割れてしまいます。

なので、この問題を解決するために何か最善の策を講じなければなりません。

それで第一段階として、収縮率を調整して乾燥割れが入らないようにすること。

それがクリアされ作りに問題がなくなるなら、今度はこの土の活かし方つまり

どんなものを作り、どんな焼き方をするのが最もこの土の持つ個性を長所に変えて引き出せるのか

という課題になります。

これは収縮率を調整するより手ごわいことでしょう。

色薬を掛けてしまうならその土の特徴は消えてしまうので意味がない。

だから…何が…

可能性を探らねば

でも何かあるはず

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください