屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

新十津川産陶土精製

18 12月, 2016 (20:07) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

昨日、新十津川陶土研究会の副会長である田中さんと共に水に漬けておいた

土の精製を致しました。

一番上の写真は水に漬けてあるだけのものです。

IMG_5578

攪拌機で攪拌するうちにだんだんクリィーミィになってきました。美味しそう(笑)

IMG_5579

だいぶだまがなくなってきたところで漉します。この工程を水簸といいます。

IMG_5580

役この一樽濾してみましたが、なんと残った不純物はたったこれだけです。限りなく100パーセントに

近い歩留まりです。とっても優秀な土です。

いろいろ天然の土を同じ方法で水簸して使ってきましたが、これほど純度つまり粘土成分が多く

不純物の少ないものは初めてです。

また意外と溶けやすく水簸するにも扱いやすいのも大きな利点です。

IMG_5582

IMG_5583

濾したものはこのように素焼きの鉢に入れて少しずつ水を抜いていきます。

出来上がるのが楽しみです。

ご覧ください。きれいな白い土でしょ?

なかなかこんな土はどこを探してもないと思います。

これが、例の新十津川焼きに一部使用された土なのです。

土ができるのが楽しみですね~

また報告します。しばしお待ちを

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください