屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

熱き男たちの激闘終了

9 11月, 2013 (21:18) | 未分類 | By: hiroyuki

穴窯の窯焚きが延長戦の末、ようやく終りました。

予定では1日から始まり6日の午後に終ることになっていたのですが、薪もあるし少々あずったりしてトップ温度に達するのに時間が掛かりましたし、その後も下がったりしたので延長を決定し7日の朝8時まで焚くことになりました。2013穴窯窯焚き

穴窯煙突

火傷

前回より薪も乾いていたと思うのですが、窯を作ったころと比べて少しずつ窯の状態が変わってきているように思います。

そろそろこの窯も限界に達しているようです。

いずれにしてもご協力くださった皆さんありがとうございました。特に田中さん、高田さんは今回のお手伝いで最も長い時間窯についてくださり、さぞお疲れになったことと思います。

わたしもいまだ疲れが抜けず座ると知らないうちに寝てしまう始末です。

さすがに今回はわたしも堪えました。

やるだけのことはやり、手を尽くしましたので、後はなんにせよ結果を受け止めるだけです。

月曜日に窯出しを予定していますのでまたお知らせいたしますね。

PS:軍手二枚、その上に皮手をはめていてもその皮手が少しずつ焼け縮んでしまいます。それを耐えつつ焚いていましたが、だんだん尋常でない痛みとなりこれは火傷になっているなぁと感じていましたが、終って脱いで見ると案の定水ぶくれが…

まぁ今回はまぶたに水ぶくれは出来ませんでしたけど…

1300度近い炎に近づくとはどういうものなのか経験のない人は想像も出来ないと思います。

コメント

中年おじさん様からのコメント
投稿時間: 2013-11-09 at 9:55 PM

お疲れさまでした (*^_^*)

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください