屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

特殊体型

3 4月, 2019 (00:27) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

昨年12月から3月までいつものジムではなく、フィットネスクラブに通っていました。

4か月間キャンペーンで半額だったのです。

その機会にインボディという一般的な市販の物より、比較的精度の高い機械があり

体の構成について調べてもらいました。

これを使うと体重、体脂肪はもちろんのこと体の各サイズもメジャーを使わず測れるのです。

首、胸囲、ウエスト、ヒップ、左右の腕と左右の脚の太さもわかりました。

どれも数センチも平均値を上回っていました。

胸囲は何も力を入れなくても平均を4センチも上回っており1メートル超えでした。

ウエストだけは平均値を下回っていました。

ビックリしたのは自分はお尻は小さいって思っていたのが、なんと2センチも平均を上回っていまし

た。

少し前から尻トレもちゃんとやっていたし、下半身のトレーニングでは大抵お尻も使うので

そのせいもあってなんかでっ尻になってきたなーって思っていたらやっぱりなるべくしてなりました。

ただ幅は変わってないので、正面から見ると小さいのですが、横から見ると飛び出てます(笑)

まーそれはそうとやはり既製品のスーツが全く合わないのはこのように各パーツのサイズが人より

若干デカイことによります。(苦笑)

こんな私にだれがした(笑)

はい、自分でーす!

しかも、BMIではやや肥満型

ボディビルダーはもとより、過体重の人はたとえそれが脂肪ではなく筋肉であっても、身長と体重から

割り出すこの計算ではみんな肥満に分類されるようです。ウケる

だからスタッフも言っていましたが、目安ですね。

そんなこんなで身長170ない私は身長的にはSもしくはMなんですが、胸囲的にはL

でもLだと長すぎるからカッコ悪いのでMにすると大胸筋と肩がパツパツ

このブログの題の理由をご理解いただけましたでしょうか

まーボチボチ減量モードに入っていきますので、夏場は少しは小さくなると思いますが

ではまた

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください