屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

空前のフィットネスブーム

9 9月, 2018 (22:20) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

筋トレ、スポーツジム、パーソナルトレーナー、サプリメント、プロティン、筋トレ女子、

腹筋女子、フィジーク、シックスパック、バキバキ、ボディメイク

などなどフィットネスに関連した用語が飛び交うようになってきています。

他にもフィットネスに関連したサイトやユーチューブなども事欠きません。

ほんの少し前までプロテインが筋肉増強剤と思っていた人がかなりの程度いた低いレベル

の日本でしたけど、最近ではかなり正確な情報がいきわたりつつあります。

しばらく前から健康志向ブームが来て、その後現代社会の永遠のテーマであるダイエットの常識として

運動の効果性がより高いエビデンスと共に提唱されるようになり、それまでの有酸素運動の流れから

筋トレの流れへと移り変わっていきました。

つまり有酸素の根底はカロリー消費、そして今度は筋肉はエネルギーを消費するエンジンであるゆえに

それを大きくすることが基礎代謝を上げ痩せやすく、太りにくい体を作るという理論に変わりまし

た。

そしてそれが短期的な効果としてダイエットをうたった某会社による使用前使用後の体の如術に分かる

結果にコミットした方々の印象的なCMの比較動画はかなりのインパクトを与えたと思います。

そのメニューはかなり厳しい筋トレメニューが織り込まれているのです。

またNHKでさえ最近「みんなで筋肉体操」なるものを放映しているようです。

その番組の最後で必ず取り上げるセリフがあります。それは「筋肉は裏切らない」。(笑)

またスポーツメーカー各社もコンプレッションウェアをはじめ様々なフィットネス商品やジム用品を

幅広く取り扱うようになっています。

またその流れに乗って三年ほど前から様々な大会も行われるようになりました。

メンズフィジーク、ミスビキニフィギア、ボディビル、ベストボディジャパンその他様々な大会も

開催されるようになり、若い人たちの間では今最も注目のイベントになっています。

わたしとしては健康で生き生きと生活するためにこうしたことが普及したり認知されるのは

良いことだと思っています。

なので最近ではかつてなく比較的若い男性たちがそれらの影響を受け、トレーニング人口が増えてきま

した。

それでジムでは共通の関心から顔見知りとなり、レクチャーを求められる場面も増えています。

その点でもお互い情報交換したり、励まし合いながら行えることはモチベーションアップにも

繋がります。

あなたも重い腰を上げてみませんか?

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください