屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

美唄登り窯 煙道改良後

22 9月, 2016 (07:43) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

登り窯煙道 美唄

煙道改良後

改良後2煙道

最初の写真がこれまでの形状です。

以前にも取り上げたことがあったかと思いますが、このように煙突として立ち上がりのない窯も

あるのですが、その場合は窯自体の勾配がもっときつくなければならないのですが、

この窯は緩すぎるため、このように煙突がないと燃焼中の引きが弱く、煙突の詰まった薪ストーブ

のようになってしまう状態でした。

それで、これまではそれを解消するためにナマコトタンを丸めて差し込み少しでも引きを良くするよう

対応していましたが、今回窯の改修工事の際に煙道の改良も提案させていただいたところ、予算が

とおり、依頼されることとなりました。

これで引きの点で全く問題が解消されたかどうかは焚いてみないとわかりませんが、少なくてもフラッ

トの状態からこれだけの立ち上がりができましたので、吸い込みにはかなりの影響があると期待してい

ます。仮にこれでもまだ少し足りないとしても、これにこれまで使っていたトタンを差し込めば以前よ

りさらに吸い込みはよくなることは間違いありませんので、これまでのように大きな扇風機を焚口に

当てたりすることはもうしなくてもいいかと思います。

だんだん改良され、進化しいい窯になってきました。

あとは焼き上がりの良さで結果を出していくのが課題ですが、昨年の焼き上がりはまずまず好評で

今回は応募点数が大幅に増えそうな感じです。

まだまだ募集してますので、皆さんお待ちしてまーす。

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください