屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

読谷村のやちむんの里

24 2月, 2010 (23:13) | 未分類 | By: hiroyuki

沖縄旅行 071   沖縄旅行 070 沖縄旅行 069 沖縄旅行 067

沖縄旅行 072

今度はやちむんの里 北窯です。北窯は四軒の窯元が出資した共同の窯だそうです。

写真の窯は知花さんという方の個人の窯です。見てのとおり大変丁寧に作られており、また窯焚き後の毎回のメンテナンスもきちんとなされていました。知花さんは昔ながらの読谷屋焼を目指し、やはり土作りからすべての工程をご自分でなさっているとのことでした。この里には沢山の窯がありますが、同業者の私としてはそこはやはりちゃんとした仕事をしている方かどうかはすぐにわかってしまいますので、チラ見して通り過ぎるところと是非作者とお話してみたいと感じるところは直感的にわかります。この横田屋窯はこの里に行かれた方は是非立ち寄られることをお勧めしたします。ご夫婦でとってもご親切な方でした。その人柄や真摯な姿勢が作品に表れているのでした。私の作品はお見せできないのですが、この方に一つ褒められたのは北海道の土で造っていることでした。やはりこういう方には分かってもらえるのでした。

それにしてもこちらの一面にカラフルな絵付けがされている陶器ばかり見ていて自分の窯に帰ってきて自分作ったものを見るとつくづくうちのものはシンプルと言うか飾り気がないというか殺風景だなぁと思いました。アハ

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください