屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

陶芸業界の冷え込みの余波

3 2月, 2020 (15:53) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

陶芸業界が冷え込み厳しさを増していく中で、その余波は窯元だけではありません。

産地の製陶所などがどんどん廃業していることについては以前に取り上げたかと思いますが、

陶器の製造業が冷え込むということは当然のことながら、その原料屋、材料関係の業者、

そして販売店もその余波は免れません。

スカーレット効果で多少なりともいくらか盛り返すかと期待しましたが、

つい先日、取引していた信楽の陶芸資材の問屋さんが廃業するとの知らせが届きました。

寂しい限りです。

生き残りをかけての闘いがいつまで続くのでしょうか。

よろしければ、こちらにコメントをお寄せください