fthe_content 2020-06-19 | 屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

Date: 6月 19th, 2020

お店紹介

19 6月, 2020 (21:56) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

  お店の名前は かわむら出汁茶 というお店になります。 場所は 札幌市中央区南6条3丁目6-33 AGS6.3ビル地下1階 電話 011-522-5299 開店 6月27日土曜日 18時 定休日 日祝 和食の […]

 

IMG_9463

IMG_0677

IMG_9693

お店の名前は かわむら出汁茶 というお店になります。

場所は 札幌市中央区南6条3丁目6-33 AGS6.3ビル地下1階

電話 011-522-5299

開店 6月27日土曜日 18時 定休日 日祝

和食のお店のようです。

そしてなんとこのお店、日本料理こまつの小松さんのプロデュースなんだそうです。

予約はいらず、単品でも楽しむことができるそうです。

客単価は一万円くらいで、刺身、焼物、一品料理等々を単品でも頼めてゆっくりと

お酒を楽しんだりできるんだと思います。

この写真の壁に飾られている掛け花活けは、私が穴窯で焼いたものでして

先日この店のプロデュースをした小松さんから電話がかかってきて急ぎ出かけ花活けが欲しいとの

ことで、いくつかあるものを写メで送り、この二つが選ばれたわけです。

それにしても素敵な店内ですね。

そして、花活けも壁によくマッチしていますね。

彼のセンスが光っていますね。

予約なしでも行けるお店なので、是非暖簾をくぐってみてください。

そして、料理と共に私の作品見てきてくださいねー

初心者に光るセンス

19 6月, 2020 (00:03) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

今日、美唄の講座に行った時に見つけた作品なのですが、ほぼ初めて作った人らしく もちろんろくろではなく、手捻りで作ったようです。 なんか雰囲気あるんですよねぇ わかります? 全体的なバランス、歪み具合、高台の削り具合など […]

IMG_3638

IMG_3639

IMG_3640

今日、美唄の講座に行った時に見つけた作品なのですが、ほぼ初めて作った人らしく

もちろんろくろではなく、手捻りで作ったようです。

なんか雰囲気あるんですよねぇ

わかります?

全体的なバランス、歪み具合、高台の削り具合など

一般的に素人の方々は削りまくる傾向があり、その上サンドペーパーで磨いたくらいにして

手を掛け過ぎて、手作り感も何もなくなってしまうんですが、この作品は

それをしていない。

高台を含め、作り味が残っている。

女性であることはわかりましたが、会ったこともないのでアドバイスのしようもありませんが、

この無作為な作風を是非伸ばして欲しいと思います。

手を掛け過ぎないといっても、ただ他の人が真似をしてもこの雰囲気にはならないと思います。

初めて作ってこれを作ったとするのなら、きっとこの方がもともと持っているセンスなので

しょう。

だんだん薄くしたい、とか綺麗に作りたいとかありきたりな欲を出さなければこの作風を

保てるのかもしれません。

生徒たちを教えるとき、それぞれの性格やセンスはみな違うのでそれを見極めて伸ばしてあげたいと

いつも意識します。

大胆なものが得意な人(当然ながら雑とは違います)、根気よく緻密なものを得意とする人、

ろくろはそうでなくても造形的なセンスのある人、ろくろのような感覚的な感性を持っている人

などなどいろいろです。

なので、その人の長所を伸ばしてあげると、他の人と比べて自分は下手だとか、ダメだとか

考えて、モチベーションを落とさなくて済むのです。

でも、たまにこのような興味深い方がおられるのです。

まー二度目も三度目も同じような雰囲気のものを作れるかはわかりませんがね。

いずれにしても、プロでも素人から刺激やドキッとさせられることもあるのです。

販売している陶芸家のものを見ても多くの場合、心を何かを感じることは少ないものです。

実に面白い!