fthe_content 屯田窯の日常 | 屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

Category: 屯田窯の日常

今年のいちご祭り

11 3月, 2019 (16:40) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

今年も北菓楼本店のいちご祭りのあまおうパフェ行ってきましたー いつも二月中に行なわれるこのイベントでしたが、今年は3月7日から10日の四日間でした。 詳しいことはわかりませんが、恐らくイチゴの収穫と合わせてるので期間が毎 […]

IMG_2294

今年も北菓楼本店のいちご祭りのあまおうパフェ行ってきましたー

いつも二月中に行なわれるこのイベントでしたが、今年は3月7日から10日の四日間でした。

詳しいことはわかりませんが、恐らくイチゴの収穫と合わせてるので期間が毎年ずれるのではと

思ってます。

あまおうが五つとキイチゴ、ブルーベリー、生クリームやアイスクリーム。

価格は変わらずでした。

ただ今年は劇混みでした。

どうやら初日にテレビ局の取材があったようでそれと共に今年は時期も三月とあって

雪解けも進み出かけやすくなっていることなどが考えられます。

お店としては盛況で何より

年に一度の機会なのでまた来年のお楽しみ

ネットショップオープン!

9 3月, 2019 (21:38) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

しばらく前に近いうちにネットショップオープンしますよー って取り上げましたが、音沙汰ないなーと思っておられたことと思います。 ということでようやくオープンしました。 これで離れたお客さんも以前のように購入いただけることに […]

しばらく前に近いうちにネットショップオープンしますよー

って取り上げましたが、音沙汰ないなーと思っておられたことと思います。

ということでようやくオープンしました。

これで離れたお客さんも以前のように購入いただけることになりました。

パチパチパチパチ

まだアップされている商品が少ないのですが、これから少しずつ増やしていきますし、

また何かお得情報?や新作なども随時アップしていきますので時々覗いてみてくださいませ。

またこの機会に改めて宣伝させていただきますと、自分用に気に入ったカップや酒器また贈答品や

お祝いのお返しさらにはこんな器が欲しい、特に料理人さんなどはご自分のイメージの形や大きさが

あると思いますので、遠慮なくご相談ください。

まずはお知らせまで

http://tondengama.thebase.in/

お腹を割る

4 3月, 2019 (17:01) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

随分お待たせしました。 早く早くとお待ちになられたことと…?待ってない あらそう(笑) 待ちきれずにネットで調べちゃいましたかね。 でも一応私なりの意見を述べさせていただきます。 まず腹筋の構造について解説しますと、正確 […]

随分お待たせしました。

早く早くとお待ちになられたことと…?待ってない

あらそう(笑)

待ちきれずにネットで調べちゃいましたかね。

でも一応私なりの意見を述べさせていただきます。

まず腹筋の構造について解説しますと、正確には腹直筋といい肋骨から恥骨にかけて4段から5段に別れ

ています。

別れ方は俗にシックスパックと言いますけど、必ずしもシックスパックとは限りません。

10パックの方もいればアーノルドシュワルツネガーのように四つという方もいるようです。

また、平行に二つづつ並んでいる方もいれば言わば段違いの方もいます。

なので、鍛えれば数が増えるというものではありませんし、配列が変わるようなこともありません。

あくまでもそれに関しては生まれ持った筋肉の配列となります。

恐らく左右非対称に筋肉がつくなんてことは腹直筋だけじゃないかと思います。

お腹を覆っているので大きな筋肉に思われがちですが、実は上腕二頭筋の約半分の体積しかありませ

ん。

表面積は大きいですがかなり薄い筋肉なのです。

速筋繊維対遅筋繊維の割合は 54:46 で意外と速筋優位なので高付加で鍛える方が効果があるというこ

とになります。

さて、その具体的な方法ですが、良くある間違いとして昔ながらの腹筋運動です。

つまり背中を伸ばしたまま股関節から曲げて起き上がる方法です。

これだと股関節を曲げる筋肉つまり大腰筋の運動となってしまいます。

じゃあどうするのか

背中を丸めるということです。

腹筋に力を入れ背中を丸めておへそを覗き込むようにすることにより腹筋運動になります。

毎日やったらやっただけ効果があると思いがちですが、先に述べましたように速筋優位なので

他の筋肉と同じように、ある程度高負荷で12レップから20レップくらいで限界になるような種目が望

ましいです。

表面積が広いので、クランチなどの上部を鍛えるものと足を上げるような種目で腹筋下部を鍛える方法

と両方やるのが望ましいと思います。

このように徹底的に鍛えこむことで腹筋にボリュームが出てきます。

なのでカレールーのような厚みのある腹筋にしたい方は高付加で行なうのがよろしいでしょう。

さて、前回お伝えしましたように腹筋を付けるだけでは見えてきません。

それで比較的体脂肪の多い方は減量と合わせて行う必要があるのです。

つまりどんなに腹筋を付けても厚い脂肪に隠れてしまうということです。

効果的な減量に関してはまた改めてそのうちにお伝えしますね。

お腹を割るにはどうしたらいいんですか?

18 1月, 2019 (13:33) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

そんな質問をよくされます。 男性のみならず女性も今や大きな関心の的となっており、ちまたでは筋肉女子、腹筋女子なんていう 言葉もしばしば聞かれます。 時々ジムで、恐らくそれを目指していることをうかがえるほど腹筋ばかりをを一 […]

そんな質問をよくされます。

男性のみならず女性も今や大きな関心の的となっており、ちまたでは筋肉女子、腹筋女子なんていう

言葉もしばしば聞かれます。

時々ジムで、恐らくそれを目指していることをうかがえるほど腹筋ばかりをを一生懸命している人を

見受けます。

気持ちはわかりますが、体脂肪がかなり乗っている人が腹筋ばかりしたからと言ってそこだけが割れて

浮かび上がるわけではありません。

腹筋が見えてくる手っ取り早い方法は体脂肪を落とすことです。

基本、部分痩せということはできませんから、まず全体的に体脂肪を落とすことが必要になります。

ただ、どんな腹筋にするかということになりますと話は変わってきます。

見えるは見えるが板チョコのような薄っぺらなものでいいのか、それともカレールウのような凸凹感

を目指したいのかによってトレーニング方法も変わります。

それについては次の記事を参考にされてください。

正月太りではありません

3 1月, 2019 (16:41) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

12月は肉体のバルクアップの期間としました。 いつものパターンなのですが、夏場はやはり薄着になったり裸になったりする時期ですので 絞っていくのですが、しかし減量モードで筋肉を付けるのは至難の業です。 なぜなら、減量はそも […]

12月は肉体のバルクアップの期間としました。

いつものパターンなのですが、夏場はやはり薄着になったり裸になったりする時期ですので

絞っていくのですが、しかし減量モードで筋肉を付けるのは至難の業です。

なぜなら、減量はそもそもエネルギー収支をマイナスモードにする必要があります。

しかし、筋肉をバルクアップさせるには収支がプラスでなければなりません。

なぜかといいますと、食べたものを材料にしてビルドアップするのです。

ですから、材料が足りない状態ではなく余るくらい与えなければなないのです。

よく聞く「僕はトレーニングしても瘦せっぽちで筋肉付かないんですよ」こんな人

こういう人をハードゲイナーといいます。

食べても肉がつかないそんな人です。

こういう人はそもそもがカロリーが足りていないのが理由です。

なので年中減量モードのような食生活なのです。

カロリーが足りないと人間の体は筋肉をエネルギーに変換していきます。

なのでこの手の人はそもそも食べる量に問題があるのです。

筋肉を付けるには食事が7、トレーニングが3と言われるほど皆さんが思っているより

食事は重要なカギを握っているのです。

それでちょっと話がずれましたが、12月はカロリー収支をプラスにして材料をどんどん与えて

高重量を扱いハードトレーニングをしました。

人間の体はとっても順応性があるものです。

食事もトレーニングも慣れると刺激が入らなくなります。

そうなると反応が鈍くなります。

良くトレーニングし始めはぐんぐん見違えるように変わるというのはまさにこれです。

でもその勢いでずっと行けるわけではありません。やがは慣れてしまうのです。

ですので食事やトレーニングメニューなどを見直して変化を付けて体につまり脳に新たな刺激を入れる

わけです。

というわけで、先月はその時期としました。

スタンダードな方法では体重の10%くらい増やすようですが、今回は66.5から72キロくらいまでなんと

か増やしました。

と聞くとお腹がボーンと出た正月太りを連想するかもしれませんが、ちょっと違います。

一応、腹筋は夏場ほどのセパレートではありませんが、一応見えてる状態です。

筋肉がグリコーゲンや水分を蓄えて全体的に張っている感じなので、腕周りや胸回りなどもサイズが

張りがあってまさにバルクしてます。

これから、すこーしずつ緩やかにバカ食いはやめて極力脂肪を削っていきたいと思います。

皆さんも正月で付いたものを早めに解消してくださいね。

そうですオーバーしたカロリーを毎日少しずつカットしていくのです。