fthe_content 屯田窯の日常 | 屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

Category: 屯田窯の日常

北海道 ミシュランガイド2017

17 5月, 2017 (23:01) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

今朝、日本料理こまつの小松君からラインで、「清水さんの器に助けられ、ミシュランガイド 一つ星を獲得しました」との一報が入りました。 そこに感謝の言葉がつづられていました。 私こそ感謝です。 どうやら北海道ミシュランガイド […]

今朝、日本料理こまつの小松君からラインで、「清水さんの器に助けられ、ミシュランガイド

一つ星を獲得しました」との一報が入りました。

そこに感謝の言葉がつづられていました。

私こそ感謝です。

どうやら北海道ミシュランガイド2017が発表されたようです。

北海道ミシュランガイドで検索するとネットでも閲覧することができます。

お世話になっている前回も二つ星を獲った料理屋 素は今回も二つ星獲得。

いずれにしても私の器を使ってくれている料理人さんたちがそのような評価を受けたことは自分事のよ

うに嬉しいことですし、光栄なことです。

彼らにはどんどん活躍して欲しいものです。

私としても陰ながら彼らの活躍の一助になれるなら本望です。

お二人とも頂いている注文もう少しお待ちくださいね~(汗)

今年の新十津川陶芸祭り

12 5月, 2017 (22:41) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

北海道では陶芸祭りの皮切りは新十津川の陶芸祭りです。 今年は6月17日、18日の二日間です。 今年はなんと48枠マックスの申し込みがあったそうで、久しぶりの満員出店となりそう です。 久しぶりの盛り上がりです。 人気が高 […]

北海道では陶芸祭りの皮切りは新十津川の陶芸祭りです。

今年は6月17日、18日の二日間です。

今年はなんと48枠マックスの申し込みがあったそうで、久しぶりの満員出店となりそう

です。

久しぶりの盛り上がりです。

人気が高まっているんですねー

何はともあれたくさんの出店があるのは喜ぶべきことでしょう。

あとは天気です。

この時期はほんと実に安定しません。

ある年は雨が降ってすごく寒くなってしまったり、ある年は真夏日のように暑くなったり

まぁなんにせよやはり晴れないことには客足が遠のきますから、とにかく暑かろうが日焼けしようが

雨だけは避けてほしいです。

曇りでもいいから…

ということで、皆さんお待ちしてますよー

是非新十津川に足を運んでくださいねー

ストウヴ カフェオープンしましたー

4 5月, 2017 (22:53) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

数週間前にオープンしていたようでしたが、なにせ水曜日、木曜日が定休日になりましたので なかなか行けないでいたのですが、今日はゴールデンウィークということもあり休まず営業していまし た。 なので、美唄の講座の後行ってきまし […]

数週間前にオープンしていたようでしたが、なにせ水曜日、木曜日が定休日になりましたので

なかなか行けないでいたのですが、今日はゴールデンウィークということもあり休まず営業していまし

た。

なので、美唄の講座の後行ってきましたー

このチャンスを逃したらまたなかなか行けないー

と思いましてよかったよかった

ではまずメニューから紹介しますね

IMG_6565

IMG_6567

IMG_6566

あらっ

二枚目がまさかのピンボケ

二枚目は飲み物のメニューでした。

ちなみに今回私はコーヒーとたまごサラダと胡麻味噌ペーストのタルティーヌというものを手始めに

食させていただきました。

お味はそうですねぇ…なかなか興味深い味でしたよ。

ほんのり味噌の香りがして、かといってみそ味がそんなに前に出てくるわけでもなく、言われなければ

わからないと思います。

たまごサラダもマヨネーズマヨネーズした味わいではなく濃い味でもなかったので私としてはとても食

べやすかったです。

あっ写真写真

IMG_6568

良かったピンボケでなかった(笑)

全粒粉のパンにこんな感じで載っているわけです。

このたまごサラダの上に載っている緑のものが何か聞こうと思って忙しそうなので忘れてしまいまし

た。

香草でもないような、さして味も香りもない感じでしたが色合い的には緑が入ってるといい感じです

ね。

珈琲も私の苦手な酸味がなくておいしかったです。なんか不思議な今までにない香りがして…

香りなのかなぁ…味なのかなぁ…なんか鼻から抜けるときにこれまた興味深い新鮮な感じがしました

ね。

いずせれにしても飲みやすい珈琲でした。

食のリポートって難しいねぇ(苦笑)

ほぼリポートになってないね(笑)

ということでご自分の舌でお試しくださいませ。

って結局それか!(笑)

でも昼下がりにワインやビールでも飲みながらボーっと外でも見ながらなんてのは憧れますねー

なかなかそんな機会もないですけど(泣)

また違うメニューを試したらご報告しますねー

最後に辛口コメントを一言

珈琲は旨いとしてもカップがマズイ

やっぱりカップは屯田窯の手作りカップでなくちゃ

って自分の宣伝かい!(爆笑)

でも正直ほんとにそう思った~

皆さんも行ったらそう思いますよ

きっと

必ず

絶対

ぼちぼち作り始めました

3 5月, 2017 (21:45) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

ただやはりあの工房は乾燥してしまいます。 これは昨日の夕方作ったドリッパーですが、今朝行ってみるとこのように口辺が白くなっており 参ってしまいます。 削ったり、取っ手を付けたり、もちろんドリッパーなので穴をあけたりいろい […]

ただやはりあの工房は乾燥してしまいます。

IMG_6554

これは昨日の夕方作ったドリッパーですが、今朝行ってみるとこのように口辺が白くなっており

参ってしまいます。

削ったり、取っ手を付けたり、もちろんドリッパーなので穴をあけたりいろいろ細工があるので

白くなっては困るのです。

季節的にも乾燥してますし、特にこの建物は乾燥しているように感じます。

じめじめしてカビ臭いのも困りますが、このように作陶する上では何か対策を考えねばなりません。

以前のように巨大な冷蔵庫があったときは本当に重宝しましたが、今度は保湿するために工夫しなけれ

ばならないなぁ

作ってすぐビニールを掛けるわけにもいかないし、部屋そのものを細工することもできないしとなると

発砲スチロールの箱をたくさん集めて作ったらそこに収納するしかないだろうなぁ

もしくはプラスチックの衣装ケースのようなものか

実は作陶は水分調整が仕事の良し悪しをかなり左右します。

ですので、水分をどのようにコントロールするかは大きな課題なのです。

最終的には乾燥させるのですが、それまでの間にいろいろな工程がありますので、その工程のタイミン

グを合わせていかなければならないのです。

新十津川の陶芸祭りが近づいていますし、在庫がなくなってきましたのでぼちぼち本腰入れて作らなけ

ればなりません。

なかなか時間がないものです。

頑張らねば!

春ー

27 4月, 2017 (23:58) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

  工房の前のこぶしの花です。 なんか暖かくなりそうで、なかなか肌寒い春ですが、それでもこうして周りをよく見ると季節は少しず つ進んでいるようです。 桜の花の蕾も少しずつピンク色になってきましたね。 開花はゴー […]

 

IMG_6543

工房の前のこぶしの花です。

なんか暖かくなりそうで、なかなか肌寒い春ですが、それでもこうして周りをよく見ると季節は少しず

つ進んでいるようです。

桜の花の蕾も少しずつピンク色になってきましたね。

開花はゴールデンウィーク過ぎくらいかなぁ~

私が一番好きな月は6月です。初夏

一番ウキウキしてテンション上がります。

風もさわやかで新緑で気持ちがいいです。

楽しみー