屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

補足

12 5月, 2018 (22:21) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

一度にアップするには写真が多すぎみたいなので分けました。IMG_0966

IMG_0969

IMG_0968

IMG_0974

まだ周りの環境は完成しておらず玄関前などは今真っ最中でした。

恐らく今月中には完成するかと思われます。

以上

ジェラートの有名店

12 5月, 2018 (22:08) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

今日は暑かったので久しぶりに岩瀬牧場に行ってきました。

新たな店舗ができたのは横目で見ていたのですが、糖質制限をしてましたので

自分にお預けしてました。(笑)

でも今日は解禁しました。

IMG_0975

IMG_0976

IMG_0971

IMG_0973

 

 

 

 

以前は店内が狭かったので外で食べる感じだったんです。

そうすると風向きによっては牛の糞の匂いが漂ってきてジェラートの味だか何だかわからなくなる感じ

でしたが、今度はいいね。

メニューも増え素敵なお店になっていました。

二階で食べたのですが、こんな感じでした。

ちなみに私が食べたのはラムレーズンとしぼりたての二段です。

二段で310円

この方が絶対お得です。

わてラムレーズンすっきやねん(笑)

ということで久々のお店紹介でした。

知らなかった方は岩瀬牧場で検索してみてくださーい。

そこのあなたよだれが…(笑)

残桜

11 5月, 2018 (15:33) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_0964

これは、先日紹介した美唄の東明公園の入り口の並木道です。

昨年は桜が開花したと思ったら台風並みの風雨であっという間に吹き飛ばされてしまいました。

また、そうでなくてもやはりほんの短い期間だけのものでしたが、今年ほど長い間桜を鑑賞できる

ことはそうないと思います。

今年は桜にとって好条件が整ったんだと思います。

開花する前は気温が20℃くらいになったりして急に暖かくなりましたが、開花の後は

ぐっと寒くなり、しかも雨風も酷くなることもなく穏やかで低温が続いたのが理由だと思います。

皆さんもきっと今年は桜を楽しまれたことでしょう。

内地ならライトアップして夜桜を楽しみつつ一杯やるなんてこともありますが、北海道はいかんせん

夜になるとぐっと寒くなってしまうのでそういう楽しみ方もできずもったいない感じが

しますね。

年に一度しかない、ほんの短い花なのに…

食事とトレーニングの成果

8 5月, 2018 (20:35) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_0957

術前検査で血液検査その他の検査をいくつかします。

春の健康診断の時期ですので、これを見せていただければ最近の状態が分かるので

来年までは受けなくてもいいかなって思いましたので、これも先生にお願いしたところ

快諾。

その結果がこれです。

どうですか皆さん

優秀だと思いませんか?

もう数年で還暦を迎えようとしている年齢からすると満点に近いのではないでしょうか?

これは偶然ではありません。

食事管理とトレーニングの成果なのです。

もちろん何をしてても病気やけがは避けきれませんが、しかし日ごろからメンテナンスし使い続ける

点でできる最善を尽くすなら結構正直に成果として帰ってくるものです。

何度も言いますが、40代から投薬を受けている人は少なくありません。

きっとわたしも食べたいものを食べたいだけ食べ、不摂生と運動不足の生活をしているなら

投薬は逃れられなかったでしょう。

そしてお腹を突き出して歩いていたことと思います。

ゾッとします。

なのでこうした検査結果は通知表のようなものです。

今後とも励みにして、見た目も中身も引き続きコンデショニングをしていこうと思います。

術後4か月後受診

8 5月, 2018 (18:53) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

今日は術後約4か月後の受診でした。

その際に手術前後の画像写真を記念にもらえないか申し出てみたところ

快諾してくださり、もらいました。

IMG_0950

IMG_0949

さて、どちらの画像が術前でどちらの画像が術後かわかりますか?

これはMRI画像ですが、ヒントは私が黒く縁取りをした箇所がいわゆる棘上筋です。

このように肩甲骨の脊柱付近つまり端から上腕骨に付着する筋肉なのです。

大抵は上腕骨の丸く見える箇所の上のところで切れてしまいます。

答え:上の画像が術前で切れている状態です。下はすでに縫合し3か月経過した画像です。

違いがわかりますか?

上は上腕骨の上部の棘上筋先端が極端に薄く、白くなっています。

この画像ではわかりにくいですが、実際には完全に断裂しています。

IMG_0953

これは手術中の写真ですが、断裂しているため空洞になっているのだそうです。

IMG_0954

この画像もそうです。ぼそぼそになっているのもわかります。

IMG_0955

これは縫合されている状態です。もう空洞ではありません。

術後3か月ともなると棘上筋が働くようになったのでしっかりと太くなってきているのが分かります

ね。

でも三角筋はというと術前よりもさすがに少し小さいのが分かります。

黒い部分はすべて筋肉です。一般的なこの手の画像を見ましたが、自分で言うのもなんですが

やっぱり筋肉量多いですねぇ(笑)

最初に受信したときに触診した先生が筋肉量が多すぎてよくわからないといったのもわかりますね(笑)

何はともあれ順調で何より

私と同じくらいに手術した年配のご主人はまだ腕上がらないと言ってました。

確かに体から30センチくらいしか離せてなかったので筋肉が相当落ちてるんでしょうね。

その意味でももともと持っていたものが役に立ったということで、おあとがよろしいようで(笑)