屯田窯の陶芸家「清水裕幸」公式ブログ

北海道最大の登り窯「屯田窯」の日々と作品を紹介するブログ

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ろくろの作り方二種

20 8月, 2018 (13:21) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_1509

ろくろで作る場合、大別して二通りあります。

一つは切り下ろしと言われる大きな塊から順番に数個もしくは数十個作っていく方法で

この方法が一般的には多い方法と思います。

もう一つは玉引きと言われるこのように一つの塊から一個のものを作る方法です。

大抵、壷のようなものはこの方法がとられます。

しかし、モノによってはそれほど大きなものでなくても玉引きすることもあります。

ちなみにこれは一個450グラムの塊です。

そして、これはある形のマグカップを作るためにあえて玉引きにします。

今年初めて出した新作のマグです。

IMG_1091

この形は高台がなく、ベタ底(底が平ら)な形状で重量感があり豪快な作りです。

この形は切り下ろしではこの雰囲気のものを作ることが厳しいです。

それで、厳密にはろくろで作るといってもこの二通りのどちらで作るかによって

出来上がりも変わってくるのです。

ですから、もしこの形を見て気に入り真似をして作ってみようと思っても切り下ろし

ではできないと思います。

その形や雰囲気を出すためにどの方法が最も最適かを見極めることも経験値がものをいうことに

なります。

ですので私の作品もそれぞれ作り方は異なります。

あるものはあえて電動ろくろを使わず手回しろくろを使って作ることもあれば

電動でもこういった二通りの方法を取りますし、さらには紐作り、手ひねり、タタラ作り、くり抜き

その他その都度いろいろなバリエーションがあるのです。

言わばその作り方だからこそできる形があるのです。

夏シリーズ2

3 8月, 2018 (09:42) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_1413

海行ってきました~

やっぱり少なくとも一度は泳ぎたいですよね~

午前中は用事があったので午後から行ったのですが、物凄い猛暑の日で

今日海行かないでいつ行くのーって感じでしたから大満足です。

いつも留萌のゴールデンビーチに行くのですが、こんなに混んでるのは初めて見ました。

台風の影響で直前まで雨予報だったんですが、なんとこんな天気になるなんて(歓)

太陽がお友達の私にはこの上ないプレゼントでした。

満足満足

夏シリーズ3

31 7月, 2018 (10:12) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_1439全記事で海水浴の話題を取り上げましたが、29日の日曜日に行ってきました。(追加)

さてさて、どうですかこの雲

最近、暑い日が続いてる割にはなんか秋雲のような感じでしたよね。

夏といえばやはりモクモクとした入道雲じゃないですかー

ようやくそんな雲が見れてなんとなく安心しました(笑)

ちなみに奥に見える一番高い山は歌志内のかもい岳スキー場です。

手前の山にほぼ隠れているので見にくいですが、山頂にコースがちらっと見えますけどわかります?

あの山頂付近にロッジや温泉施設がありその温泉にスキー合宿のためのトレーニングジムがあるんで

す。

本格的なジムではないので会員制のスポーツジムのように充実しているわけではないのですが、

まぁ必要最低限のものがあります。

ただここに行く大きなメリットは競技用のバーベルセットがあることなんです。

そして、お風呂入ってジム使用含めて500円なので安いんです。

ほかのちょっとした施設だとバーベル使用もいろいろ制限があったりしますし、混んでるとなかなか使

えなかったりしますけど、ここは基本空いてるので使えないことはほとんどないですね。

そして顔なじみばかりなので譲り合ったり一緒にやったりしますので問題なし。

なかなか200キロくらいまでのウェイトを好きなように扱わせてくれるところはありませんからねー

なので、30分ほどかかりますが、週一のルーティンなのです。

入道雲と随分話題がずれましたが(笑)

ついでに雲つながりでもう少し話させていただきますと、この山から条件が整えば雲海が眺望できるこ

とで知られています。

ではでは引き続き体調に留意してくださいませ。

夏シリーズ1

28 7月, 2018 (23:20) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_1399

六月中信じられない寒さでストーブを離せなかったり、梅雨のように長雨で

ぐずついた天気が続いたので、今年は夏が来ないのではないかと危ぶまれましたけど

なんと蓋を開けると実は猛暑

夏男の私には冷夏なんていたたまれないのですが、夏が来てくれてよかったー

夏を感じる一コマです。

ラベンダーもそうですが、一本一本で見るとそれほど綺麗でもありませんが、

なんでもたくさん集まると見事なものですね。

希望者募る

27 7月, 2018 (10:01) | 屯田窯の日常 | By: hiroyuki

IMG_1332

IMG_1333

年に一度だけののチャンスですよー

是非応募くださーい!

普段公民館や講座で小さな電気の窯で焼いていると大きなものを作って焼いてもらうとなると

他の人の手前気が引けることもあると思いますが、なのでこういう機会に是非大きなものを

作るといいと思います。

登り窯でグラム100円は激安です。

なので大きなものを作っても安心ですね。

詳しいことは要綱をご覧くださいませ。

ということはそろそろ作り始めることをお勧めいたします。

お待ちしてまーす!